入退門管理

UHF帯RFIDを利用することにより、検知器から離れた位置からでも、高速で認証できる立入管理システムです。タッチ&ゴー方式の入退場システムが導入できない工場や施設向けに開発しました。

運用イメージ

  • 門通過時に、入構証(非接触ICタグ付き)をアンテナにかざすだけで、入構証データを読み取る
  • 有効期限の照合により、不正入構を防止
  • 入構者の情報を画面表示し、保安員による3点確認(本人確認、所属確認、目的確認)をアシスト
  • 認証履歴はデータベース化され、履歴検索や統計、災害時の安否確認に活用
  • 高速処理により、システム導入による渋滞を発生させない
結果を各レーンごとにモニター表示
車内から同乗者全員がアンテナにカードをかざす

読取結果を表示

導入効果

高速処理により渋滞なし

  • 制御部に高速・高信頼性のシーケンサー採用
  • 独自開発したプログラムにより処理速度が大幅向上
  • 同時認証処理に強い

通門におけるセキュリティが劇的に向上

  • 目視からID認証へ
  • タッチパネルモニターやタブレットに対応し、保安の機動性が向上
  • 履歴情報に静止画を追加し、過去の状況を一目で把握
タブレットを用いた保安員の立哨
監視モニターによる3点確認(顔写真や認証結果を表示)
通行時に撮影した写真を通行履歴と併せて検索画面に表示

安否確認機能で災害対策にも効果あり

  • 構内にいる人をリアルタイムで把握、災害時には構内にいる人の安否確認に活用可能
  • 在構者リストから点呼リストを消し込むことにより、行方不明者リストを出力

導入事例

日本製鉄様をはじめとする、多くのお客様にご採用いただいています。

広畑製鉄所

大分製鉄所

システム構成

豊富なオプションでお客様ご希望のシステムを構築することができます。

  • ハード設計が簡単
  • システム構築が簡単
  • 導入企画、設計、立上、運用フォローまでトータルサポート