表面処理事業本部
表面処理事業部
技術研究所

2013年入社
九州工業大学大学院 生命体工学研究科卒

調査、分析、実験、考察を繰り返す。

私は表面処理事業部の技術研究所に在籍し、溶射という表面処理を中心とした製品・技術の開発に携わっています。与えられた課題に対し、調査・分析し、あたりをつけ、実験を繰り返す業務です。現在取り組んでいるものでは、たとえばガス分離するような溶射ができないか、コーティングする際の条件を変えながら皮膜を調べたりしています。

失敗が多い分、達成感は大きい。

大半の実験は何度やっても思った通りにいかず、失敗も多いのですが、その分、ごく稀に狙い通りの結果が出たときは大きな達成感を感じます。中には2年以上開発に時間をかけているものもあり、研究所の先輩をはじめ、いろんな方にアドバイスを聞いたり、自分なりに考察を立てては試しを繰り返し、少しでも前進できるよう取り組んでいます。

開発に強いチームや
組織づくりに挑戦。

私が所属している部署は平均年齢が低く、「若手がやらねば始まらない」といった空気があります。もちろん苦労もありますが、裏を返すと若手にも非常にチャンスの多い職場だと思います。私はもう中堅の立場になってきているので、これからは開発に強いチームや組織づくりも視野に入れて動きたいと考えています。そのために、より迅速にアウトプットし、イノベーションを起せる組織とは何なのか、今は勉強中です。