高炉改修工事に伴う水砕設備用バサルトライニング管受注

表面処理事業部 東京営業所/セラミックス・バサルト工場

耐摩耗の特性を生かしたバサルトライニング管を受注

皆様あまり聞き慣れない言葉だと思いますが、バサルトとは、日本語で玄武岩(火山岩の一種)を意味し、それを粉砕・溶融し、徐冷した耐摩耗製品もバサルトと呼ばれています。
表面処理事業部セラミックス・バサルト工場では、バサルトの特性を生かし、耐摩耗材としてパイプの内面にライニングし、製鉄会社、電力会社、セメント会社など、さまざまな業界で販売させていただいており、今回は製鉄会社様の水砕設備にバサルトライニング管を採用していただくことになりました。

営業・技術・製造のチームワークで事業部に貢献

 今回、営業・技術・製造のチームで受賞できたこと、また、少しでも事業部に貢献できたことも嬉しかったです。またいつかチームで受賞できるように頑張ります。

徹底した感染症対策で納期厳守

 一つは、コロナ禍で緊急事態宣言が発令される中、納期を守ることができるかが一番不安でしたが、工場長号令の下、皆の徹底した感染対策の効果で、り患者も出ずに遅延なく納入することができました。もう一つは、最近は慣れてきましたが、出荷前立会検査についてです。お客様も感染対策のため工場への訪問は避けたいということから、スマートフォンやノートパソコンのカメラを使いながらのWeb検査が大変でした。