製鉄所通門管理システムの複数同時立ち上げの達成

ICTソリューション事業部

案件の内容

 当事業部の「通門管理システム」は、日本製鉄株式会社の各製鉄所に採用いただき、従来は1年に1製鉄所導入のペースでしたが、人員と設備に限りがある中で、複数製鉄所の同時オファーをいただいたことから下記の効率化を図り、2018年は4製鉄所への導入を達成しました。

①仕様の標準化
 使用の標準化を図ることで設計・製作・評価のあらゆる
 工程で工期短縮と工数削減を実現

②コンパクト新筐体採用による据付調整短縮
 筐体を一体型かつコンパクト化し、組み立てたまま搬送
 可能とし、設置・配線の工夫により、据付調整を大幅短縮

③出荷前試験の徹底
 上位ソフトウェアを含む本番同一環境で1ヵ月に渡る耐久
 試験と、お客様立ち合いによる認識違いの早期発見

受賞の喜び

 社長賞1級受賞し、一同大変嬉しく思います。中核を担った若手プロジェクトマネージャー4名は感動もひとしおです。システム導入にあたり、各支店やグループの吉川システックをはじめ、さまざまな方から支援いただき、お客様からも運用や技術面で多大なサポート、時に叱咤激励をいただき大変感謝しています。本システムは完成形ではなく、新たなスタートラインに立ったと認識し、一同気を引き締め次のステップに挑戦します。

苦労したこと

 複数案件が同時進行し、部品数量が膨大なので、部材調達・在庫管理・製造管理はこれまで以上に慎重を期しました。また、工場スペースに限りがあり、出荷遅れが他案件に悪影響を及ぼすため、常に課題を共有してチームの垣根を越えて協力しました。各現場が離れており、現地作業中は家に帰れず、全国を飛び回るメンバーもいました。新婚さんや小さなお子様のいる若手スタッフは、ご家族にご理解をいただきながらの1年でした。報奨金は家族のために使いたいと思います。