サイト内検索
サイトマップ
文字サイズ変更
LANGUAGE
Japanese
English
精密製品分野
精密製品分野
水晶/SAW、光、センサー用LID

携帯電話・デジカメ等の小型化や高精度の要求に、

最新プロセスの製造と開発に取り組んでいます。

部品

 1988年水晶発信機のSMD量産化に伴い当工場は段付LIDのプレス化に初めて成功しました。
後にSAW、光、、センサーデバイス等にも採用され 多種、多様の仕様ならび高品質の製品を御客様にお届けしています。
特に携帯電話、モバイルパソコン、デジカメ等の小型化、高精度の要求に対し、材料仕様~プレス加工~鍍金~梱包と最新プロセスの製造と開発に取り組んでいます。

特徴
材料 0.05t~各板厚の保有ならびにレーザーマーキング、インク印字等に影響される表面の粗度についても光沢(Ra=0.05μm)なし地(Ra=0.13)ミル目地(Ra=0.15)の仕様を取り揃えています。
プレス 量産ラインは超高速プレス対応で、1個取り~十数個取りの対応で十二分な能力をもっています。また試作、少量の生産は専用試作ラインを保有して短納期対応が可能です。
バレル プレス切断バリの除去だけでは無く、重切削、中切削、軽切削と多種仕様に対応致します。
鍍金(めっき) 電解Ni鍍金での表面光沢の安定化ならび鍍金加工時のGAS発生の抑制や環境にやさしいNi/Pの鉛フリー化の推進するなど多角的に技術の向上に努めています。
通常シーム用LID AuSn封止用LID
形状外観
詳細についてはこちら
めっき Ni/P,Ni,Ni+Auめっき Kovar/
Au-Sn-Au-Sn-Auめっき
材質 Kovar,42Alloy 等 Kovar,42Alloy 等
サイズ 1.0×1.5×t ~ 1.0×1.5×t ~
板厚 t0.05~t0.20 Kovar:t0.05~
AuSn:10μm~
お問合せについてはこちら
先頭へ